「リゾコンとは」ページへ予約ページへ問い合わせページへ
英語ページへ会員登録ページへマイページへ
English会員登録マイページ
 
ログイン画面
新規会員登録予約をお申し込み頂くには、会員登録が必要です。
新規会員登録画面へ
こちらの内容でご登録いたします。内容にお間違いが無いかご確認お願い致します。
お名前
フリガナ  
ご住所

〒 

お電話番号 --
性別 男性
生年月日 年月日
Eメール
ログインパスワード ※メールにてお送りします。
会員種別 一般会員

会員登録には利用規約への同意が必要です。
以下の利用規約をご確認頂き『利用規約に同意する』にチェックを入れて下さい。

リゾコン倶楽部利用規約

第1条 目的及び名称

  • ベイライン株式会社(以下「会社」という)が別に定めるリゾートコンドミニアム施設(以下「施設」という)を、第2条に定めるユーザーが相互利用することによって、豊かなリゾートライフの創造を図ることを目的し、このユーザー組織の名称を「リゾコン倶楽部」(以下、倶楽部という)といいます。

第2条 ユーザー

  • 倶楽部に入会しようとする者は、所定の申込み手続きをなし、会社が、ユーザーとして認めた者で、かつ第3条の入会金及び第4条の年会費を全額納付している個人を倶楽部ユーザー(以下「ユーザー」という)いいます。
  • ユーザーは、本規約第5条及び第6条の手続きを経て、施設の利用をすることができます。
  • ユーザーは、会社が定める所定の事項を登録することにより、施設の新規利用可能施設の情報や特別利用料金等の情報を受け取ることができます。

第3条 入会金

  • ユーザーは、入会金を会社の定める方法で支払わなければなりません。但し、会社が定める者については免除する場合があります。
  • 会社に支払われた入会金は、いかなる場合でも返却されないものとします。

第4条 年会費

  • ユーザーは、会社に対し会社の定める所定の年会費を支払わなければなりません。但し、会社が定める者については免除する場合があります。
  • ユーザーがユーザー資格を更新する場合は、更新の都度、年会費を納付することで更に1年間ユーザー資格の延長ができるものとします。
  • 一旦納付された年会費は、いかなる理由があっても返金されません。

第5条 施設利用の予約申込み

  • ユーザーが施設を利用する場合は、ユーザー自ら、会社が定める方法にて予約申込みをしなければなりません。なお、施設の利用には、ユーザー以外に随伴者を伴なうことができます。
  • 予約の受付の優先順位は先着順とします。
  • 前項の申込みに対し会社は、ユーザーに予約を受け付けた内容および利用料金等を口頭もしくは文書(メール含む)にて通知します。

第6条 利用料金の支払及び予約成立

  • ユーザーは、前条3項の予約金、または利用料金を指定された金融機関に会社が指定する期日までに振込支払わなければなりません。この振込を持って、予約の成立とします。
  • ユーザーは、利用料金以外のリネン代やその他利用に必要な料金は会社の指定する日までに、利用する施設か会社の指定する場所にて支払わなければなりません。

第7条 客室が提供できないときの取扱い

  • 前条第1項により予約成立した施設において、ユーザーが契約した客室を提供できないときは、会社は、ユーザーの了解を得て、できる限り同一の条件による他の宿泊施設を斡旋するものとします。ただし、予約した施設の客室が提供できないことについて、会社の責めに帰すべき事由がないときはこの限りではありません。
  • 前項の宿泊施設の斡旋ができないときは、会社は、宿泊料金相当額及び施設までの通常一般の往復交通費を上限として、補償料をユーザーに支払い、その補償をもって損害賠償とします。ただし、予約した施設の客室が提供できないことについて、会社の責めに帰すべき事由がないときは、補償料を支払いません。

第8条 施設利用時の注意事項

  • ユーザー及び随伴者は、施設の宿泊約款と利用規定を遵守しなければなりません。
  • ユーザー及び随伴者は、別に定めるチェックイン及びチェックアウトに従うものとします。
  • ユーザー及び随伴者は、施設内で以下の行為をしてはいけません。
    • 3-1. 建物、家具、備品、施設等の改造や破損をする行為
    • 3-2. 建物、家具、備品、施設等を施設外に持ち出し、あるいは領得する行為
    • 3-3. 酔態を示し、あるいは高歌吟踊する等、他の利用者に迷惑を及ぼす行為
    • 3-4. 動物、ペット等を持ち込む行為
    • 3-5. 営業行為
    • 3-6. 塵芥、廃棄物を放置する行為
    • 3-7. 銃砲刀剣類、爆発物等危険物を持ち込む行為
    • 3-8. その他、公序良俗に反する行為
  • ユーザーが、施設内において第三者に故意または過失により損害を与えた場合、ユーザーはその賠償責任を負うものとし、会社は第三者に対し何らの義務を負いません。

第9条 ユーザーの責任

  • ユーザー及び随伴者の故意又は過失により会社及び施設が損害を被ったときは、当該ユーザー及び随伴者は会社に対し、その損害を賠償していただきます。

第10条 建物の滅失及び施設内の家具什器備品の紛失・毀損等

  • ユーザーの施設利用中に、ユーザーの責に帰す事由により生じた建物の滅失及び施設内の家具什器備品等の紛失・毀損等については、原則として同等建物、家具、什器、備品との取替えに要する費用または修理代金に相当する費用の全額を負担するものとします。
  • 紛失、盗難、天災等で施設の建物、家具、備品等に異常が生じた場合は、遅滞なく会社に報告するものとします。

第11条 遵守事項

  • ユーザーは、以下の事項を遵守しなければなりません。
  • (1) 会社に届けている住所等に変更が合った場合は、会社の定めた方法で、速やかに会社に届け出なければなりません。
  • (2) ユーザーの権利は、第三者への貸与ならびに譲渡してはなりません。
  • (3) ユーザーは施設ならびにユーザーの権利を使用して営業行為をしてはなりません。

第12条 退会

  • ユーザーは何時でも退会することができます。
  • ユーザーが、退会する場合は文書(メール含む)にて会社に、会社が定める必要事項の届け出をしなけれればなりません。

第13条 ユーザー資格の取消

  • 会社は、ユーザーに次の事由が生じた場合、ユーザー資格を取り消すことができます。
  • (1) ユーザーが死亡した場合
  • (2) ユーザーが本規約に違反した場合
  • (3) ユーザーが施設の利用規約等に反し、円滑なサービス提供を妨げる行為をなす等、施設の運営を妨げ、会社の名誉、信用を傷つける行為があった場合
  • (4) 第4条の年会費の支払を3カ月以上遅滞した場合

第14条 規約の改正等

  • 会社は、ユーザーの事前承諾なく本規約を変更または追加及び年会費、利用料金、施設やサービスの内容等の改訂ができます。
  • 前項の内容については、ホームページにて通知し、かつこれをもって足りるものとします。

第15条 協議事項

  • 本規約の解釈に疑義が生じた場合は、会社とユーザーの間で協議し解決するものとします。

第16条 管轄裁判所

  • ユーザーと会社の間で紛争が生じた場合、会社の本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とします。

第17条 ユーザー契約期間

  • ユーザーとの契約期間は、本契約日から次に来る3月31日までとし、ユーザーまたは会社から申出がない場合、自動的に1年間継続するものとします。

本規約は平成14年7月20日より施行する。
以上

更新2002.7.20

利用規約に同意する

トップページへ
トップページへ
電話番号 047-314-0852 FAX 047-314-0855
プライバシーページへ特定商取引法に基づく表記のページへ会社概要ページへ
Copyright © RIZOCON. All rights reserved.